「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

今回は痛みとストレスの関係についてのお話です。

痛みの出る原因はその方によって様々ですが、これまで、診察や画像検査で異常が見つからない痛みについては、姿勢の悪さや筋力の低下が大きな原因と考えられてきました。しかし、実際にはそれだけでは説明できない、原因不明の痛みがたくさんあります。

例えば、原因がはっきりしている椎間板ヘルニアでも、痛みが強い人と痛みのない人がいます。痛みの現れ方もさまざまですが、実はこうした痛みには、ストレスなど心の問題が深くかかわっているケースが多いことがわかってきました。さらに、近年解明されてきたのが、痛みをコントロールするドーパミンシステムという脳のメカニズムです。これは、痛いはずの状況にあっても、その痛みを抑制するドーパミンという脳内物質が大量に分泌されて、感じる痛みを軽減させながら身を守るもともと脳に備わっている機能です。

しかし、日常的にストレスを受け続けていると、脳内物質のバランスが崩れ、このシステムが働かなくなります。するとドーパミンの分泌が減って痛みを抑えられなくなり、ますます痛く感じます。その上、その痛みがストレスとなってドーパミンの分泌がさらに少なくなり、痛みが慢性化するという悪循環になってしまいます。

ストレスによる痛みを何年間も抱えていると、よけいストレスに弱くなるものです。以前なら耐えられたストレス状況でもすぐに痛みになってはね返ってきたりします。誰にでも日頃の上手なストレス解消は大切ですが、ウォーキングなど適度な運動習慣も欠かせません。運動不足で筋力が落ちれば、ますます痛み体質から抜けられなくなってしまいます。

当院では痛みに対するカウンセリングもしっかり行っています。痛みでお悩みの方のお話を聞かせて頂いて日常生活でのアドバイスもさせて頂いております。原因の分からない痛みでお悩みでしたら一度当院までご相談ください。お電話お待ちしております。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP