「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

ふくらはぎの働きについて

今日はふくらはぎについてお話していこうと思います。
ふくらはぎは下にある血液を上に押し挙げてくれる働きがあります。その働きをしてくれるのが腓腹筋です。
腓腹筋は二頭筋ともいわれ、筋肉が二頭に分かれ骨に付いています。この間には血管が走行しており、この筋肉が動くと筋肉の厚さが変わることでポンプの作用が起こり、血液が上に押し上げられるのです。

ただ歩いている時などに必ず動くというものではなく、足首が90℃以上、上に上がることで動きます。それ以下の角度ではヒラメ筋という浅層の筋肉が働くので血液の循環は上手くいきません。

なので、歩くと脚がむくむというのは間違いで、正しいフォームで歩くと下に溜まっている血液や老廃物質が上に上がりむくみや疲れを取ってくれるのでスッキリとします。

逆に歩いてむくみが、でたり疲れが溜まるという方はこの筋肉(腓腹筋)が上手く使えていないのです。

歩行の時間としては40分を連続で歩くと良いでしょう。連続で歩くことで身体のバランスが合っていきまし臓器の働きも良くなるのでスッキリとした感じが得られます。

また、お身体の事で何かお困りの事がございましたらお気軽に新小岩ルミエール整骨院にご相談くださいませ。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP