「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

今日はインスリンについてお話していこうと思います。

膵臓から分泌されているホルモンがインスリンです。そして身体の中で唯一血糖値を下げてくれるホルモンでもあります。
身体の特徴として血圧や血糖値を上げるホルモンというのは多くあります。しかし、血糖値を下げてくれるホルモンというのは一つしかありません。では、なぜ血圧や血糖値を下げるホルモンというのは少ないのでしょうか?

それは、人の歴史をみていくと貧食の時代が長く常に飢えに苦しんできました。人は栄養が足りていないと体内の恒常性(ホメオスタシス)が保てなくなり死に至ります。そこで、恒常性を保てるように血圧や血糖値をホルモンで調節してきたのです。貧食の時代が長いということは血圧などが下がり体の機能が低下していきます。そこでそれらの数値を上げるホルモンがいくつもあるのです。

この貧食の時代からみるとインスリンが体内で出来たのは近年になります。それは人類が飽食の時代を迎え血糖値を下げる必要がでてきたからです。ただインスリンを作れるのは膵臓だけです。過度のインスリン注射などは膵臓に負担がかかり身体を壊してしまいます。ですから、普段から身体へのメンテナンスが必要になります。

新小岩ルミエール整骨院では、利用者様一人一人にあった施術をしていきます。なにか、お身体でお困りのことがございましたらお気軽にご相談くださいませ。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP