「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

みなさん、『テニス肘』と聞いたことがありますか?良くテニスをされる方がなる症状なので
テニス肘と言いますが別名は外側上果炎と言います。テニスをされる方以外でも手をよく使う方がなりやすい症状です。症状としては、肘の外側から腕が痛くなり重たいものを持った時やドアノブを捻るときやぞうきんを絞るときなどに痛みが出てしまいます。ひどくなると何もしていなくても痛みが出てしまいます。
このような症状になりやすい方は、手を『使い過ぎ』の方です。手を使う時、肘から指にかけて走っている筋肉が手を動かしてくれています。しかし、手を使い過ぎてしますとその筋肉が緊張していまい筋肉がついている肘の外側の骨が引っ張られてしまい痛みが出てしまっています。
また、肩や手首周りの筋肉が硬くなり動きが悪くなることにより肘に負担がきてしまい痛みが出てしまいます。ですので、施術としては首肩から指周りの筋肉の緊張を取ってあげることが必要になってきます。痛みが強い時は冷やしてあげると痛みが和らいできます。是非やってみてください。

当院には様々症状の方が来られます。もしお身体の事などで分からないことがありましたら新小岩ルミエール整骨院までお問い合わせください。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP