「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

今日は股関節や膝関節の人工関節についてお話しようと思います。

高齢者の方が転倒をした時に骨折しやすい場所が大腿骨頸部になります。この場所は血管があまり分布していません。また細い血管が走行しているため、この部分を骨折してしまうと骨が付きにくく時間がかかってしまいます。高齢者がこの部分を骨折してしまうと解剖学的構造から良くならないことが多いので、ここに人工関節を入れる人が多いです。

人工関節を入れている人の多くが術後、左右の足の長さに差が出てしまう事に悩んでいます。その為、歩行時や日常生活の中で骨盤の使い方に左右差がうまれ、周りの筋肉に負担がかかり、痛みが出てしまう事が多いです。基本的には下肢長差が出てしまった場合、靴底にインソールを入れて左右差が出ないようにします。ただ、インソールを入れても痛みが良くならない場合が多いです。ですから術後のケアが大切になっていきます。

新小岩ルミエール整骨院では骨盤と背骨の歪みをとる施術をしています。また、深層の筋肉にアプローチをかけていくので根本的に良くすることを目標とした施術になります。ですから、何かお身体でお困りのことや疑問がありましたらお気軽にご相談ください。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP