「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

二月に入って冷え込みがぐっと増しましたね!この時期は身体を痛めやすいので、何事も先手必勝で対策していきましょう。

今日は体内にあるもう一つの心臓の重要性についてお話ししますね。
皆さんはもう一つの心臓がなにかご存知ですか?それは・・・ふくらはぎです!
ふくらはぎって運動とかするとパンパンになってこむらがえりとかむくみがおきたりしますよね。特に女性は男性よりも足がむくみやすく、家事や1日のお仕事終わりに膝下がパンパンの方は大変多いです。

女性はホルモンの影響でむくみがでやすい方が多いですが、内科的な側面(心臓、腎臓、血圧)や身体の電解質バランス(カリウム、ナトリウム)なども、むくみには関わり合いがあるので、なかなか何が1番の原因なのか特定する事がむずかしいものなのです。
ふくらはぎの場合、むくみの症状と同じように多い症状として就寝中、特に明け方の時間帯に多いこむらがえり、大変痛いですよね。

こむらがえりがおきやすい原因としては、
運動のし過ぎによる筋疲労、腰から下の血行不良などが考えられます。
ふくらはぎの筋肉は第二の心臓と言われるように、心臓から全身に送られた血液が今度は重力に逆らって心臓に戻るための大切な筋肉になります。
第二の心臓がしっかりとしたポンプの働きを担うためには、適度な運動、ぬるめに感じる位のお風呂にゆっくりつかる、ゆったりとストレッチをすることで筋肉がリラックスでき十分に効果を発揮できるのです。
もし、足のむくみでお困りの方は、お気軽に新小岩ルミエール整骨院までお越しくださいね!

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP