「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

暑い日も増えてきて、少しづつ夏が近づいておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

暑い日は、エアコンをお使いになられると思いますが、身体が冷えるとお身体に不調が出てしまうことが多くありますので、身体が冷えすぎないように、調節してお使いください。

さて今回は、冷え性についてお話させていただきます。

冷え性と聞くと、多くの方がイメージされるのは、冬に大人の女性に多いということでしょうか?

もちろん、冷え性というのは冬に多く、大人の女性に多いものです。

ですが近年、夏にも多く男性や小さな子供の冷え性の方も急激に増加しているのはみなさんご存知でしたか?

夏には、ほとんどの企業や学校で室内ではエアコンが使われると思います。

夏の冷え性に関して言えば、エアコンによるものですので、身体自体は暑いのですが、手先や足先などの末端が冷えてしまっているのに、その意識が低く、気付いたら手先や足先が冷えているというようなことが多くあるようです。

女性の場合は、夏でも室内での冷えを気にして厚手の靴下で対策を取っていたり、薄手の羽織るものを携帯していたりするので、そのような場合は問題ありません。

男性の場合が深刻で、よっぽど意識が高い方でないとそのような方はいらっしゃらないのが現状です。

冬の冷え性に対しては、しっかりと対策を取っている方が多くいらっしゃいますので、問題ないのですが、夏の冷え性というのは実に厄介なのです。

特に中高年になると、皮膚感覚が鈍くなってしまい、エアコンの冷気に気付かずにいて、症状を悪化させてしまうこともあります。

冷え性を予防するには、「体の芯(中心部)を冷やさないこと」が大切です。

その意味で、食べ物や飲み物は重要な意味をもっています。

夏にはそうめんや冷やし中華やアイスといった、冷たいものを食べたくなりますよね。

ところが、ほとんどの場所ではエアコンがきいていて、冷たいものを食べると身体を内外から急速に冷やすことになります。

エアコンのきいた場所では、少し汗ばむくらいの温かい食べ物をとるようにしましょう。

このような事に注意して、冷え性とは無縁の生活を送れるようにしていきましょう。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP