「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

人は呼吸をすると胸郭も動きます。肺活量が大きい人は胸郭の動きも大きいです。つまり、呼吸と胸郭の動きは関係があるのです。胸郭が大きく動く事で肺の広がるスペースが出来るため、酸素をより多く取り入れられます。

この胸郭を大きく動かすには肋骨の間の筋肉(肋間筋)の柔軟性も必要になります。この筋肉が硬いと胸郭の動きが出にくくなります。また肋間筋の間には神経が通っており、この筋肉が硬くなると中の神経も硬くなるので肋間神経痛などの痛みが出る方もいます。また常に肩に力が入っていると、肩がつりあがった状態になります。先ほども説明しましたが呼吸をする時は胸郭が動くので肩が上がったままだと胸郭の動きが出にくくなり呼吸も浅くなります。

胸郭を動くように自分で意識できることは、呼吸をする時は深呼吸をした後に息を吐き切ることです。そうすると胸郭が下に下がるので動きが出るようになります。ですが一回ではなかなか息を吐き切る事が難しいので、二回に分けて息を吐くと良いでしょう。

皆さんも試してみて下さいね。

またお身体の事で、お困りの事や疑問などがございましたら新小岩ルミエール整骨院にお気軽にご相談くださいませ。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP