「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

最近は夜も暑くなってきて寝苦しくなってきましたが、皆さんはゆっくり休めていますか?皆さんは夜寝苦しくなると冷房を付けたりされていると思いますが、中には冷房が嫌いだと言われていてつけない方も多くいらっしゃると思います。今回は夏場の睡眠についてお話させていただきますね。

皆さんは冷房をかけて朝まで眠られると、身体がだるかったりしたことはありませんか?それは冷房の設定温度を下げ過ぎていて血流の流れが悪くなってしまうため、リンパの流れなどが悪くなり一日の疲れが取れず、老廃物が溜まったままになるためだるさが残ってしまうのです。
冷房をかけるのは悪いことではないのですが、冷やし過ぎるのが良くないのです。眠られる前に冷房をかけても設定温度を上げておかれると朝起きた時にさほどだるさが残らずに起きられると思われます。
むしろ冷房をかけずに熱帯夜の中眠られた方が、熱中症のリスクが上がってしまうので出来れば設定温度を上げて冷房をかけて眠るようにして下さいね。

またタイマーで冷房を切られてしまう方は何度か起きてしまわれることもあると思うのですが、そうなると眠りが浅くなって十分な睡眠を取れず自律神経のバランスが崩れやすくなるので、食欲が低下して夏バテになりやすくなってしまいます。

よく冷房は身体に悪いと言われていますが、悪いことばかりではないのですよ!皆さんも上手く冷房を使って今年の猛暑を乗り切っていきましょうね!!

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP