「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

今日は広背筋という筋肉についてお話をしていこうと思います。
広背筋という筋肉は腕、背骨、骨盤についていて背中に大きい下向きの三角形の形をして存在します。主に肩や腕を動かしてくれるときに働いてくれています。しかし、この筋肉はそれだけでなく他にも身体を動かしたり姿勢を保ったりするときに働いてくれています。
今日それらのことについて詳しくお話をしていこうと思います。
広背筋は、お尻にあり主に歩くときや走るときに働いてくる大殿筋という筋肉と胸腰筋膜という膜で繋がっています。この胸腰筋膜は腰の所で対角線にクロスしていて左側にある広背筋と右側の大殿筋を繋ぎ右側の広背筋と左側の広背筋が繋いでいます。このような構造になっていることにより歩くときに腕を振って作った力を逆足に伝えてくれているため脚が前に出てスムーズに歩けるようになっています。また、広背筋と大殿筋は腰や仙骨を安定させることもできるため鍛えることで腰の痛み予防にもなります。
ですので、腰の痛みは腰だけでなくお尻の筋肉の緊張を取ってあげるだけでも腰の緊張も取れ痛みの楽になっていきます。

もしも、お身体のことでお困りの事がございましたらお気軽に新小岩ルミエール整骨院までお問い合わせください。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP