「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

皆さん夜はしっかりと眠れていますか?
だんだんと暖かい季節を感じてきましたね。
朝の番組をみていたら、春と秋にそれぞれ睡眠の日(春:3月18日 秋:9月3日)があるそうです。そしてその前後1週間は睡眠習慣といって睡眠への意識を高めましょうという啓発週間のようです!
睡眠は毎日とっていても足りないと思ってしまう貴重な時間です。その時間を確保するのも大事ですが、質も重要ですよね。
人間の睡眠の質は季節にも左右されやすいというのを読んだのでそのお話をしていきますね。
なんだか春はポカポカしだすので眠くなりやすいなどいいますが、何か関係はありますか?と聞かれたのを思い出し以前は自律神経のバランスの変換期でもあるのをお話したのですが、その他にも理由がありました。
眠る時と起きている時の切り替えのスイッチと体内時計は深い関わりがあります。人間はメラトニンという脳から出るホルモンにより睡眠に入ろうとします。このホルモンが分泌されることにより深部体温が低下して脳と身体は徐々に休もうとします。寝つきが良くなるためにはこのメラトニンというホルモンが重要ですね。このメラトニンは夜に勝手に分泌されるわけではなく、日光を浴びることで徐々にホルモンの分泌が抑えられ14〜16時間後にまた分泌され始め、夜に眠くなります。
しかし季節により日照時間は変化します。よって体内時計のリズムも少し崩れてきやすく眠気が多くなったりする。というのが季節によって眠気が変わる理由にもなるそうです。
どんな季節でも質のいい睡眠を取れるように朝からしっかりと日光を浴びて、夜はスマートフォンやテレビなど明るい光を見る時間を減らして体内時計を整えていきましょう!

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP