「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

普段の姿勢を気にする人はいるのですが、どれが正しい姿勢なのか分からない人が多くいます。
今から正しい姿勢についてお話していきますね。
座っている時に皆さんに「姿勢を良くしてくださいね」というと大体の方が背中を反る姿勢を取りますが、これは間違いです。座っている時は背中を反るのではなく骨盤を前に起こしてあげるとよいです。また、座り姿勢では正座が一番良い姿勢になります。正座時は骨盤がしっかりと起きるので背骨も真っ直ぐになります。体育座りやあぐらなどは骨盤が後ろに傾き背骨が丸まります。背骨がまるまった状態だと自重を支える事が出来ず腰や背中の筋肉で支えようとするので痛みや重たい感じなどを発症します。また、幼少期に体育座りやあぐらを多くやってしまうと自重を背骨が支え切れず背骨が曲がり、側弯症になる場合もありますので気を付けて下さいね。

立ち姿勢の場合は、イスなどから立ち上がる時は膝を真っ直ぐに伸ばしてから歩くと良いです。大体の方が膝を伸ばしきる前に歩き始めてしまうので膝が伸び切らなくなり、屈曲膝となる場合が多いです。

これらの事を普段から気を付けていけると健康な身体づくりには良いです。

またお身体のことでのお悩みや疑問などがございましたらお気軽にご相談くださいませ。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP