「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

今日は季節の変わり目に身体が痛くなる仕組みについてお話していきますね。

普段私たちが外にいる時、身体にはⅠ気圧の力で負荷がかかっています。この場合、Ⅰ気圧と同じ力で、身体の内側から押し返す力が働くので身体のバランスを保てています。この時の気温や天気は比較的、落ち着いています。天候が悪い日や季節の変わり目、気温の変化で身体に痛みが出てしまうのは身体にかかる気圧数がⅠ気圧にならないからです。それが原因で身体から押し返す力と身体にかかる気圧数のバランスが崩れ、痛みが出てしまうのです。

他にも腰のコルセットを外した時に出る痛みも同じ原理です。腰をコルセットで抑えるとそれと同じ力で内側から跳ね返す力が働くので外した時に跳ね返す力が大きく勝り、痛みが出てしまうのです。

これらの対応の仕方については、天候の崩れによる場合はアイシングをするといいです。氷を痛みの出るところに置くと溶けるときにⅠ気圧かかり身体のバランスが保てるのとアイシングをすることにより血流が速くなり痛みの物質を流してくれます。アイシングは保冷剤だと表面しか冷えず凍傷になる場合もあるので氷で行うとよいです。

コルセットの例では強く巻き過ぎないようにしたり、どうしても必要な場合のみまくなどの配慮が必要です。

このような身体のお悩みや普段の生活の中でお困りのことがございましたら新小岩ルミエール整骨院にお気軽のご相談ください。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP