「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

梅雨に入って夏もすぐそこまで来ましたけど、皆さんはお身体の加減はいかがでしょうか?
今回はこれから暑くなって汗をかきやすくなりますが、身体に対しての熱の伝わりかについてお話しさせていただきますね。

熱というのは大まかに「湿熱」と「乾燥熱」がありまして、乾燥熱というのは時季外れではありますが、コタツや暖房、ストーブの事を言います。この乾燥熱はからだの表面側を暖めますが、深部側までは暖めないのですよ。血流がそこまで良くならない為体の中の老廃物等が流れないので、疲れやダルさなど外へ排出されにくいのですね。
湿熱というのはお風呂やサウナ等のように湿度の高い状態で身体を暖めるもので、この湿熱は体への伝導性が高い為深部側までしっかりと暖めるので、血液も温められて血液が全身を温めてくれるので、疲れやダルさも取ってくれるうえに免疫力も上がるので良い事が多いのですよ。また筋肉も緊張が緩んでくれるので、ストレッチ等をお風呂上りにしてあげると柔軟性も出やすくなるので、身体を暖める時は乾燥熱よりは湿熱の方が良いのですよ。

当院の施術を受けている利用者さんにはなるべくお風呂とかで身体を暖める事を勧めています。そのほうが施術の効果も上がるので身体も楽になりやすいのです。
皆さんこれから暑くなりますが、冷房で身体を冷やし過ぎないように気を付けてくださいね!

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP