「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

気温も下がってきて、肌寒くなってきましたね。夜は寝やすくなって、なかなか起きれない方もいるかもしれませんね。
今回は起きれなくなる身体の変化についてお話させていただきますね。

夏の時期に暑い中眠るのは、寝苦しく何度か目を覚ますことも多かったと思います。夏の時期は皆さん統一して、睡眠時間が短くなります。これは日照時間が関係してきて、夜の時間が短くなってきていることによって、目を覚ましてしまいます。これによって体調管理が難しくなって、体調を崩される方が多く出てきてしまうのです。
反対にこれからの時期は日照時間が短くなるため、朝日が出てくる時間も遅くなるため起きれなくなってきます。

なぜこのように日照時間が関係してくるのかと言いますと、人間の体内で生成されるホルモンが日光によって左右されているからです。
このホルモンによって、人間は周期的に眠くなって、リズムよく睡眠周期を迎えることが出来るのですが、ここで現代社会で問題になってくるのが、スマートフォン・パソコン等の電子機器になってきます。
よく聞くのがブルーライトなどの光量なのですが、目からこういった光量を取り入れることで脳が覚醒してしまい睡眠の周期が崩れる事でホルモンの排出量などが乱れてしまい、睡眠に問題が生じて、睡眠障害になってしまう方もいます。

このように睡眠にはホルモンの作用によって大きく関わってきますが、日光や日照時間が関係してきますが、それだけではなく光によっても変わってきます。これから夏と違って睡眠周期が変化しますので、体調管理に気を付けてくださいね。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP