「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

みなさんこんにちは!猛暑も最近はなくなり夏の終わりを感じさせセミの鳴き声が愛おしくなりますね。ですがまた台風が接近していますので身体が台風に飛ばされないように対策をしなければなりませんね(笑)

 さて今回は、軟部組織である筋肉の損傷について話していこうと思います。筋肉は骨から関節をまたいでまた他の骨につき関節運動や姿勢を保つために日々頑張っています。ですが筋肉はその分負担が溜まりやすく外からの外傷で損傷しやすいのです。

 筋肉はたくさんの小さな筋繊維からできておりこの一つ一つの筋繊維の連続性が絶たれてしまうと肉離れが起きてしまいます。筋繊維が切れてしまうと出血してしまい皮下出血(あざ)もでてきてしまいます。肉離れにも軽度、中等度、重度と分かれておりこのレベルによっても出血の量も変わっていきます。この出血を放置しておくと、血腫が固まってしまい筋肉が骨のように固まってしまいます。筋肉が固まってしまうと手術以外、良くする方法はありません。そして肉離れも放置してしまうと癖になります。切れた筋肉と筋肉の間にかさぶたのようなものができ、このかさぶたのようなものはとても切れやすいのです。なので肉離れや筋肉をぶつけた時はなるべく早めの施術をお勧めします。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP