「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

10月も後半に差し掛かり寒さも一段と下がってきましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?この時期は気温も下がり空気も乾燥しやすくなってきますので体調管理しっかりとやっていきましょう。
今回は筋肉を蓄える重要性についてお話させていただきます。普段私たちが生活をしている中で筋肉が衰えているなぁと思ったことはありますか?きっと運動や仕事など身体を動かしている中で前より動かしづらい、筋力の持久性がなくなったと感じたときに筋肉の衰えを感じることが多いかと思います。筋肉がつくには筋繊維が壊れるくらいの負荷をかけ筋繊維を壊し、疲労を回復する栄養素を摂取し休養をとることで破壊された筋繊維が修復されたときに筋肉繊維が修復される前よりも少し太くなり筋肉がつくようになっています。また年代によっても筋力がつきやすい年代となかなか筋力がつかない年代があります。筋肉がつきやすい年代が2~30代でなかなか筋力がつかない年代が60代と言われています。筋力も年とともに衰えてきますが筋肉がつきやすさも年とともにつきにくくなってきます。なのでできるだけ身体が動きやすい20~30代で筋力つけておきましょう。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP