「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

今日は肩周りのストレッチングについてお話ししようと思います。

まずは肩の構造について簡単に説明していきますね。
身体でも肩は突出している機関になりますので筋肉に覆われ保護されている部位にもなっています。また、肩周りには多くの筋肉がついているので、腕を挙げるなどの単純な動きでも様々な筋肉が連動して動きをだします。どういうことかというと、例えば腕を30度あげるときはこの筋肉、それ以上挙げるときはまた別の筋肉というようにそれぞれの役割というのもまた違っています。つまり肩の動きは様々な筋肉が連動して動きをだしているのです。

肩のストレッチングのやり方としては、過度にやり過ぎないというのとだいたい6秒ぐらいを目安にするとよいでしょう。
肩を使う競泳選手(日本代表)などは試合前ストレッチをせず、むしろ力を入れる動作をして競技に臨んだりもしています。ストレッチといってもやり方も様々ですし、その人の用途によってもストレッチのやり方は違ってきます。
ストレッチの事について疑問に思われた方やストレッチのやり方を知りたい方は新小岩ルミエール整骨院までお越しください。

また、その他にもお身体の事で疑問に思う事やご相談がございましたらお気軽にご相談ください。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP