「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

6月に入り、暖かい日が増えましたね。
体調も崩れないように、整えていきましょうね!

今回は、膝のお皿の下に出る骨の痛みについてお話していこうと思います。
みなさん、オスグットという名前でご存知の方が多いかと思います。
この症状は、特に思春期の少年に多く見られます。
膝のお皿の下にある、出っぱっている骨が筋肉の緊張によって引っ張られてしまい、痛みを伴って出っぱりが強くなる症状です。
特にスポーツをしている少年は、特に筋肉が発達しているので、症状が出やすくなります。

施術としては、まず安静が必要になります。
筋肉を休めてあげるだけでも、引っ張る筋肉が緩んでくれるので、炎症はおさまってくれます。
また筋肉へのアプローチは、膝自体の施術よりも膝に繋がっている大腿の筋肉へします。
大腿の筋肉は、骨盤と膝を介してオスグットの原因となっている骨にくっついてくれています。
その筋肉を緩めてあげると、症状が緩和してくれます。

発症しやすいのは思春期の少年が多いですが、そのまま放っといてしまうと、骨の出っ張りがそのままになってしまったり、成人しても痛みが残ってしまう事があります。
気になっている方は、今のうちからの施術をお勧めします。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP