「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

7月に入ったのに晴れ間の見える日が少なくなっていますよね。
気圧の変化に悩まされている方も多いのではないでしょうか?身体の痛みが気になる方も多いと思います。

そんな今日はこの時期に多い“足をつる”ことについて話していこうと思います!!
皆さん足をつるという感覚はどの時期に多いとお考えですか?寒い時つりそうなイメージが強いと思います。確かに冬はお察しの通り気温が低く筋肉自体が収縮しつりやすくはなっていきます。
ですが夏場のつる感覚は少し異なっていきます。寒い時のつるというものは寒さによる筋肉の収縮によってつります。ですが夏場のつる状態を説明させていただくと夏は気温も高く身体から水分、塩分が汗として身体から蒸発し気化熱として体温を下げようとしてきます。身体から水分、塩分が失われていくことで身体の中の塩分濃度が一定ではなくなり筋肉がうまく力を発揮できなくなっていきます。
この状態に陥り筋肉に無理な負荷をかけていってしまうためつってしまうのです。筋肉が一度つるとクセになりすぐまたつってしまいます。
つる時の痛みは激しいと思います。筋肉の負担もとっていくことが出来れば予防にもなっていきます。痛みが出る前に痛みとおさらばしましょう!!

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP