「新小岩ルミエール整骨院」つらい痛み・不調を根本改善

今日は足の裏がよくつる方へ向けてのお話ししたいと思います。

痺れの原因は大きく分けて3つに分かれます。
① カルシウム不足
② 水分、ミネラル不足
③ 姿勢、背骨の歪み
これらが主な原因です。

まずカルシウムは筋肉を収縮させるときに用いるのですが、これが不足するとうまく筋肉が伸び縮みできなくてその結果足がつります。そしてミネラル、水分不足になると体の中の栄養バランスが崩れていくため筋肉の力をうまく抜けなくなってつります。これら2つに関しましては内部的な要素(病気)がなければ摂取すれば問題ないのですが問題があるのは3つ目の背骨の歪みです。

足には体を支えるためと、たくさん歩けるために様々な仕組みがあります。
土踏まずや膝のお皿なんかもそうです。これらの機能がしっかりと働くためにはきちっとした姿勢になっていないといけません。背骨に歪みがあると背骨で体が支えられないので姿勢が安定せずに体の支えが不安定になります。そうすることで体の重心が片寄り、過剰に下半身に体重がかかってしまうと筋肉の伸縮の調整が難しくなるので良くつるようになります。

当院で行っているB&M背骨歪み整体法をおこなうことで背骨の歪みを取ることが簡単にできます。歪みがしっかり取れた時体の支えがしっかりききますので、足への負担を取り除くことによりつることを解消できますのでどうぞご相談くださいね。

新小岩で整体なら「新小岩ルミエール整骨院」 PAGETOP